サル・・・出没!!!

この1,2年、猿を見かけなかったのですが・・・金曜日の朝、猿1匹がエンドウ豆の畑で、豆をおいしそうに食べていました!!!そして、ソラマメ!!!
猿に気づき、怒鳴ったときには、猿は北西のやぶの中に逃げ込んでしまいました。
エンドウはだいぶやられましたが、ソラマメは3,4個だけでした。
あまりにも突然???だったので、サルの写真を撮る余裕はありませんでした。



これ以上、猿に食べられないように急いで、ソラマメを採りました。


約13キロの収穫です。(写真は一部)

2キロばかり、塩ゆでして酒の肴になりました。
無農薬、有機栽培ですね。
土、日と二日続けて食べました。とても、とてもおいしいかったです。

少しばかり、キャンプ気分

知り合いから頂いた、携帯コンロです。木くずを燃やして湯を沸かすものです。
始め室内でやったのですが…

見事に失敗!!!風が必要だったようです。(電池式のファンがついていたので、着火すると思ったのですが…)甘かったです。

再度外で試したら、あっという間に着火し、お湯が沸きました。


キャンプだけではなく、非常避難時には便利と思いました。

狩人(猫)

山荘にいる猫・・・飼い主のしつけが厳しいからでしょうか?山荘内には決して入ってきません。何かを要求するときは、玄関先で「にゃ〜、にゃ〜」と鳴いて人間を呼びつけます。
狩人(猫)は一晩に多いときは、ネズミを3匹も捕ったことも・・・その戦利品を飼い主に見せに来ます。ちょっと気味が悪いですけれど・・・勝ち誇ったかのように、「にゃ−、にゃー、にゃー」と
鳴きます。
また、カメラを向けると顔をそむけてしまい、シャッターチャンスが・・・。シャッターの音が怖いのでしょう、逃げ回っています。

いつかはきっと正面から撮ります。ところで名前は「おcan」といいます。
とても人懐こくて、かわいいです。

日本の名水 100選

あまり知られていませんが、久留里の水は日本の名水100選に選ばれています。
久留里は山荘から車で15分〜20分の小さな町ですが、久留里城(確か里見八犬伝にも出てきていると思いますが???未確認)の城下町?というより砦といったほうがふさわしいかもしれませんが、とても美味しい水があります。写真は久留里の街の中、久留里の街の近場・・・久留里街道ぞいの水場です。地元の人たちや観光客?がよく水を汲みに来ていました。

山荘にいちばん近い民家の横にある取水場です。もちろん久留里街道沿いです。

この取水場はわたしが知っているなかで2番目に人の多いところです。

この取水場はなぜかあまり人がいません。蛇口から取水するから?かもしれません。

久留里の町中の民家の前にある取水場です。この場所は人が一番集まる取水場です。



ぜひ一度試飲してください。

ちなみに山荘の水は地下70メートルの井戸水です。
コーヒー、日本茶何に使ってもとても美味しいこと間違いなしです。手前味噌ではないと思いますが…。

夕焼け

ここのところ、太陽が沈むのがとても速く感じられます。秋の陽が沈むのはとても早いですね。

畑に行って空を撮りました。陽が沈む30分ほど前の空の様子です。秋を感じますね。



山荘の入り口に夕日が当たってとてもきれいでした。

夕日は南西あたりに沈みます。夕日と影が何とも言えないコントラスト・・・。

今度の休みも草刈です。
そろそろ加名盛4000平米の開墾にも手をつけなくてはいけないのですが・・・。人手がほしいです…。